道祖神ツーリングクラブ 初夏の1泊2日ツーリング

今年の道祖神ツーリングクラブ1泊2日ツーリングは、5月18日~19日に開催しました。
目的地は、近場ではございますが群馬県・磯部温泉です。
初夏の風薫るなか、天気にもめぐまれ、気持ちの良いツーリングができました。

まずは関越自動車道・下り線 高坂SAに集合です。

ここから、オンロード組と林道組とに分かれます。
オンロード組は前橋ICで高速を降りて、まずは赤城山を目指します。

山頂の赤城神社は、標高1,355ⅿで少し冷えました。
ちゃんとお参りもしてきました。

山を下りたら、有名なもつ煮定食の店、永井食堂でランチです。
さすがに長蛇の列です。

 

食後は、榛名山を目指してワインディングを駆け抜け、榛名湖で一休み。

その後は、宿を目指します。

一方林道組は、当初、関東屈指のダート、御荷鉾林道を走り宿へと向かう予定でしたが、直前に4輪ラリー競技が周辺で開催される情報をキャッチ。主催者に確認をすると、メインの区間は終日走れないとのことで、急遽ルート変更と相成りました。

嵐山小川ICから山の方へ向かい、
午前は定峰峠や奈良尾峠周辺の4km程度の短い林道を走行。

 

ランチは小鹿野町で名物カツカレーを食べて体力をつけます。

 

午後はさらに二子山の10km超の林道、そして、ラリーで使用しない御荷鉾林道一部区間約10kmの2本を走り、程よく汗をかいた一行は、宿へと向かったのでした。

温泉で汗を流し、乾いた喉をビールで潤す瞬間はたまりません!

今回ご参加の名車の数々

翌朝はいつもの通り、流れ解散です。

ご参加の皆様、ありがとうございました。
また今回ご参加できなかった方々も
次回のご参加お待ちしております!

2018年 マン島TTレース観戦ツアー 9日間

自身としては5年ぶりにマン島TTレース観戦ツアーに行ってきました。

今回は10名様のご参加でした。ここ最近はTTレースも日本の方々に人気が出てきて今年は特にキャンセル待ちも出るくらいでした。

到着の翌日から観戦です。まずはクレグナバーから坂を上り
ケイト・コテージ近くでスーパースポーツレースを観戦。

よく見ると全輪が浮いています。
その後、クレグナバーのコーナーへ移動。

次のスーパーストックレースでは
グランドスタンド近くのガバナーズ・ブリッジで観戦。

観戦していたら、リタイヤバイクが目の前に!!

場所を変えてシケイン入口へ。

翌日は、イベント日なので皆様を車でレースコース1周へご案内。
途中のバンガローの丘には、かつてTTレースで26勝した
ジョーイ・ダンロップの銅像が立っています。

19時からレッドアローズの展示飛行があるので早めの夕食です。

マンクス・クイーニー(ホタテ貝の種類)は美味でした。

レッドアローズの展示飛行を見学。

6月6日は島の反対側にある有名なジャンプスポット
バラフブリッジで観戦。

日本人選手も頑張っています。

レース途中から移動して最高速が出る
サルビーストレートで見学しますが
あまりに早すぎるので、次のTTゼロは
サルビーブリッジにて見学。

レース後、ふと見ると古いイギリスのレースバイク、
ノートンマンクスが停まっていました。

翌日もイベント日なのでグランドスタンドに行くと
自由に見学できました。

最終日は、グースネックにて見学です。

 

サイドカーレースも迫力があります。

シニアTTレースではピーター・ヒックマン選手が優勝。

後続グループは混戦していて、誰かが
ツーリングみたいと言っていました。

こちらは2位と3位の争い。

レース後、グランドスタンド近くに行ったら
まだ盛り上がっていました。

来年は6月1日出発を予定しております。
既にお申込みも入ってきておりますので、ご参加希望の方はお早目のお申込みをお勧めいたします。

イギリス 2019年 マン島TTレース観戦ツアー 9日間

オマーン アラビアン・デザート オフロード 10日間 添乗レポート(後編)

オマーン・オフロード後編

昨日は暗くて気付かなかったが
キャンプ地は砂漠の幹線沿いだった。

朝食の後、出発する。今日はワヒバ砂漠を縦断する。

少し走るとお土産屋兼貸し部屋兼喫茶店が砂漠のど真ん中にあった。

ワヒバ砂漠は砂の台地の上を走っている感じ。
車の轍が多くスピードが出ていれば走り易い。

後半に大きな砂丘があったので登ったりして遊ぶ人もいた。

とうとうワヒバ砂漠も終わり、あとは舗装路でホテルに向かう。
長かったようで短かった砂漠ツーリングでした。

翌日はバスでマスカットに行き、
フライトまで時間があるのでまずはマトラスークの見学。

サラーラ名産の乳香も売っていた。

昼食はアラビア料理のチキンシャワルマと
ホンモス(ひよこ豆のペースト)のセット。

カラフルなフレッシュジュースも美味しい。

マトラ港には国王の巨大な船が停泊している。

食後はオールドマスカットを見学。
王宮が近代的なのに対し、マスカット門は歴史を感じさせる。

オマーン最大のスルタンカブース・グランドモスクを
車窓から見ながら空港へ。

ご参加の皆様ありがとうございました。

オマーン アラビアン・デザート オフロード 10日間 添乗レポート(前編)

オマーン アラビアン・デザート オフロード 10日間 添乗レポート(中編)

オマーン アラビアン・デザート オフロード 10日間 添乗レポート(中編)

オマーン・オフロード中編

今日もルブアルハリ砂漠を走行します。

大きな砂丘は砂が締まっていて走り易い。
砂丘を登ったり、下ったりと走行を楽しむ。

夕方、ムシャシというサウジアラビア国境まで2㎞の村に到着。

ようやくキャンプ地に着いたらサポートカーがスタック。

今日の夕食も美味しいペンネとサラダ。
毎日メニューが違うのが嬉しい。

ムシャシを離れると砂丘も徐々に小さくなり、砂は細かくなっていく。

マクシンのガソリンスタンド敷地内でランチ。
ガソリンも入れないでいいのかと思っていたら最後にガソリン給油。

この日はマクシンから舗装路を1時間ほど走った砂漠でキャンプ。
砂が細かいのでダストがすごい。

夕食はパスタではなくビーフシチューライス。

翌日は舗装路を走行。
まっすぐな道は飽きてくるのでラクダ注意の写真を撮ったりする。

ハイマあたりにはアラビアオリックスが生息しているらしく大きな像があった。しかし今回オリックスは見れなかった。

途中からオフロードに入ると遠くにラクダの群れを見ることができた。

夕方ワディ(涸れ川)に入っていきます。

日暮れの到着にもかかわらず、今日も美味しい
定番のミートソース・スパゲティでした。

今日は内陸から海を目指す。

カモメが多い海岸線を走る。

ランチ休憩をしていたら迷子のラクダがうろついていた。この後、ラクダ飼いが探しに来た。

ランチ後は舗装路で一気に北上。

今日は舗装路が長かったせいか、最後にオフに入った途端スタック者が続出。

キャンプ最終日の食事はペンネ・アラビアータ。
辛くておいしかった。

後編へ続く。

オマーン アラビアン・デザート オフロード 10日間 添乗レポート(後編)

オマーン アラビアン・デザート オフロード 10日間 添乗レポート(前編)

少しアップが遅くなりましたが11月17日発 オマーン アラビアン・デザート オフロード 10日間に添乗で行って来ました。

久々の砂漠ツーリング。果たして最後までたどり着けたでしょうか?

空から見るオマーンは結構ワディ(涸れ川)が多い感じ。

空港に降りるとまずはラクダの写真がお出迎え。

空港から車で郊外のスムライトに移動して出発準備。

最初は舗装路を1時間ほど走ります。何故かガス欠もありました。

オフロードに入って少し走るとキャンプです。
今回のサポートカーはカミオンとピックアップです。

この日の夕食は前菜に魚のマリネとアラビア風スパイシーサラダ。
メインは魚のステーキでした。魚はリッチョーラと言っていてマグロ属と説明されましたが、日本に戻ってから調べたらカンパチでした。

翌朝は朝食は7時からなのに皆さん5時半頃から起き始めます。
時差のせいでしょうか?

今日から本格的にオフロードを走ります。
途中、水道局らしきところの日陰でサポートカーを待ちます。

古代オアシス都市ウバール遺跡を見学します。
紀元前4世紀頃に栄えたといわれている。

ウバール見学後ルブアルハリ砂漠に入っていく。
柔らかい砂の小さな砂丘でほとんどの人がスタック。

ランチ休憩はファサドにある鉱泉の脇にて長めにとる。
11月でも暑いのでリードライダーは上半身裸です。

北上していくと砂丘が高くなっていきます。

今日は砂丘の中腹でキャンプです。

今日も美味しい料理でした。特にオレキエッテ(耳たぶ形のパスタ)のプーリア風(ブロッコリーをつぶしたソース)が今回の料理の中で一番おいしかったです。

早朝、近くの鉱泉へ行っていたご夫婦が戻ってきました。
それを見て他の人達も車で入浴に行きます。

温泉はいいお湯だったそうです。

中編へ続く

オマーン アラビアン・デザート オフロード 10日間 添乗レポート(中編)