ニュージーランド マウントクックと西海岸 南島周遊 9日間 添乗レポート(後編)

ニュージーランド マウントクックと西海岸 南島周遊 9日間 添乗レポートの後編です。

西海岸へ入るとシダなどの豊かな原生林が広がります。

原生林の森に続くルート、そして海沿いの爽やかなルートが続きます。

氷河観光の拠点、フランジョセフに到着。ハイキングで氷河を見たり、オプションで空中遊覧も!今回は3名様がご参加。ヘリに乗り、フランツジョセフ氷河を目指します。

この日は見事に晴れ渡り、眺めも最高だったようです。

まだまだツーリングは続きます。古い街並が残るリーフトンを通過。

本日の宿泊地はマルイアスプリングス。天然温泉を露天風呂で楽しみます(蚊には注意を!)

そして、クライストチャーチへ。トラブルもなく5日間のツーリングを無事終え、皆さんホッと一息。いい笑顔です。

最終日は飛行機の出発までそれぞれクライストチャーチ散策。

3月18日発のコースも催行決定!引き続き募集中ですので、ニュージーランドを走りたい!と思った方は、今すぐご連絡を!

https://www.biketour.jp/tour/detail.php?id=178

ゴールデンウィークにも秋のニュージーランドを走る特別企画もご用意しております。

https://www.biketour.jp/tour/detail.php?id=183

ニュージーランド マウントクックと西海岸 南島周遊 9日間 添乗レポート(前編)

寒い日本を飛び出し、夏真っ盛りのニュージーランドへ!2月11日発ニュージーランド マウントクックと西海岸 南島周遊 9日間の添乗レポートです。

クライストチャーチ到着後、レンタル店へ。今回のバイクはF650GS, VSTROM650, BONNEVILLE, XVS950&1100。9名様のご参加です。

クライストチャーチから走り出すと、すぐ牧草地が広がります。ひつじ、ヒツジ、羊!

初日は多少の雨はありましたが、概ね良好。気持ちのよいツーリングが続きます。

ジェラルディンからフェアリーへのルートはコーナーが続く爽快なルート!景色も最高!

しかし、テカポ湖周辺では強風&時折雨。

ホテルへチェックインすると、善き羊飼いの教会とテカポ湖に虹がかかりました。

テカポ湖といえば世界的に美しい星空が有名です。夜には晴れました!

この日の夕食は、肉3種の石焼。羊肉は癖もなく美味!

翌日はハイライトのひとつ、マウントクックですが……プカキ湖に到着。あの雲の中に見えるはず……

マウントクックは残念ながらその雄姿を見せず。強風&寒いですが、それでもミルキーブルーのプカキ湖沿いに続くルート、そして、その後は峠道を快走。そしてワナカへ。

ワナカを出発すると6号線沿いに湖と山々の間を縫うように走る気持ちのよいルートが続きます。

湖沿いを気持ちよさそうに駆け抜けていきます。

ニュージーランドは行程に余裕もありますので、CAFEに立ち寄ってコーヒーを飲むのもよし。

サザンアルプスを越え、西海岸へ。後半は景色がガラリと変わり、原生林のルートとなります。後半に続く。

 

南アフリカツーリング 添乗レポート(後編)

ツアー後半戦。

アフリカ大陸最南端の町は、最果てムード満点の空模様。

この日はオフロードにチャレンジ。

ほんの20kmほどの区間でしたが、快適なフラット・ダートを満喫。

遠近感覚が狂ってしまうような不思議な風景の中を走り

クジラ観察で有名なリゾートタウン、ハマナスでランチタイム。

今回、毎食おいしい魚料理にありつけました。

午後も豪快な海岸線を快走。

南アフリカの海岸線は美しいです。

この日はペンギンで有名なサイモンズ・タウンに宿泊。

ペンギンと一緒に泳げるビーチもありました。

夕食は大きなマスのフライを。

そしてツアー最終日。

ケープ・ポイントから喜望峰を見下ろす。

喜望峰に到達しました!

ケープタウンへ戻る絶景道、

チャップマンズ・ピークドライブはあいにくの天気。

テーブル・マウンテンも完全に雲の中だったのですが・・・

展望台に着いてしばらく粘っていたら突然晴れてきました!

いざ、ロープウェイで標高1,000mの頂上へ。

頂上からは大パノラマが広がります。

最後の市内散策。

重厚さが漂う市役所とテーブルマウンテン。

パステルカラーの家が連なるボ・カープ地区などを散策し、

南アフリカ・ツアー終了です。

帰国時、飛行機が遅れて少し大変でしたが・・(汗)

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!