カナダ カナディアンロッキーの旅 オーダーメイドツーリング(後編)

カナダ カナディアンロッキーの旅 オーダーメイドツーリングのレポート後編です。

バンフに到着した一行は、ハイライトとなるアイスフィールドパークウェイへと入ります。昨日までの景色も良かったですが、ここからは迫力の絶景が続きます。

こちらはペイトー湖。少々のハイキングで豪華なパノラマが広がります。青く輝く湖面が素晴らしい!

夏に向けて、工事区間も多かった今回の旅。片側通行で10~15分待つことも。そんな時は景色を見ながら、のんびり待ちましょう。

険しい山々の間を貫くアイスフィールドパークウェイ。

そして、目の前に巨大な氷河が見えてきました!

コロンビア氷河に到着です!数十年前にここを訪れたお客様は、氷河の後退に驚いていらっしゃいました。

雪山をバックに快走!少々寒いですが、この景色ならなんともありません!

その後、標高を下げて針葉樹の森を駆け抜けます。向こうに見えるのはカナディアンロッキーの最高峰、マウント・ロブソンです。

一日中、素晴らしい景色の中でのツーリングを楽しみ、夕食はその締めくくりに相応しい美味なステーキをいただきました。

ツーリング5日目は、5号線を南下。針葉樹が美しい緑いっぱいのルートを快走。カナダでは郊外では、100~110kmが巡行速度。広大な土地に、理にかなった交通システムは、日本に比べ、とても走りやすい環境です。

ペースがいいので、休憩地ではバイク談義も楽しみます。

休憩ポイントでおやつタイム。

最終日は1号線を走り、バンクーバーへと向かいます。最後まで雄大な景色が楽しませてくれます。

カナダの大陸横断鉄道になんども出会いました。延々と、列車が通り過ぎるまで3分近くかかります。大陸ならではの光景。

バンクーバー手前で大雨にあたりましたが、全員無事、レンタル店へ戻りました。

内陸では肉料理が続いたので、日本人には懐かしい日本料理で締めくくりました。バンクーバーは魚介類が新鮮、ぜひ一度お試しください。

これにてカナディアンロッキーの旅 オーダーメイドツーリング無事終了しました。ご参加頂いた皆様、ありがとうございました!!

仲間が集まれば、いつでもオーダーメイドツーリング承ります。もちろん、ツアーにご参加頂いても問題ありません。

今年は6月、8月にもカナダツーリングの催行が決定しています。雄大な大地で、思う存分、ツーリングを楽しんでください!!

カナダ カナディアンロッキーの旅 オーダーメイドツーリング(前編)

カナダ カナディアンロッキーの旅 オーダーメイドツーリング(前編)

カナダ カナディアンロッキーの旅 オーダーメイドツーリングのレポートです。

人気のカナダツーリングですが、今回はバイクショップを中心としたオーダーメイドツーリング。人数が集まれば、ルートや宿泊地など、自由自在にアレンジが可能です。

レンタルバイクを借りるバンクーバーへ到着。レンタル手続き後、街の散策を楽しみます。フォールスクリークをボートに乗って町の眺めを楽しみます。

小さなボートでのんびりと。

バンクーバーといえば、新鮮なシーフード!ロブスターやフィッシュ&チップス、ムール貝など、たっぷりとシーフードを楽しみました。

ツーリングスタートです。初日は雨が降ったりやんだりでしたが、バイクに跨れば自然と笑顔がこぼれます。

3号線を東へ。針葉樹が広がる広大な大地を走ります。

休憩ポイントでは、バイク談義に花がさきます。

本日の宿泊地、オソイヨーズ手前で再びに雨に。絶景はお預けです。

カナダの朝食例。パンに目玉焼き、ベーコンにポテトとボリューム満点!

本日は天候に恵まれ、オソイヨーズ湖の美しい景色が広がりました!

アメリカ国境沿いに、緩やかなコーナーが続くルート。気持ちのよい一言。

クランブルックにて宿泊後、北上。ロッキー観光のメッカ、バンフを目指します。

美しい山々と湖の景色が広がりだしました。

クートニー国立公園へ入ると、いよいよロッキーらしい景色に。両側に雪を抱いた険しい山々が続くルートを快走。

こちらは大陸分水嶺の碑。

そして、本日のポイント、レイク・ルイーズへ。雪を抱いた山々、水色に輝く湖、最高です!

その後、険しいランドル山が見え始めました。バンフに到着です。

カスケード山をバックにバンフのメインストリート。ショッピングを楽しみます。

本日は中休みで、中華を楽しみました。

明日はいよいよ旅のハイライト、アイスフィールドパークウェイを走ります。

後編に続く。

カナダ カナディアンロッキーの旅 オーダーメイドツーリング(後編)

道祖神ツーリングクラブ 春の1泊2日ツーリング

恒例となりました、道祖神ツーリングクラブ春の1泊2日ツーリングが5月19日~20日に開催されました。今回の目的地は長野県の鹿教湯温泉です。

道の駅ちちぶに集合。まずは、国道299号線を進みます。事前の天気予報では少々怪しい雰囲気でしたが、走り出すと絶好のツーリング日和に。青い空と新緑の樹々が清々しく、気持ちのよいルートを走れば、皆さん自然と笑顔がこぼれます。

道祖神ツーリングらしく、行き当たりばったり?

昼食を食べれる場所を探していると、舗装林道へと迷い込んでしまいました・・・。ルートを確認しつつ、下仁田方面へ進みます。

ちょうど見つけた千歳屋さんへ。たまたま出会った炭ラーメンに炭ギョーザ。お店の看板メニューです。炭が練りこまれた麺や特大のギョーザが美味でした。突然の大人数を、快く受け入れていいただき感謝します。

炭ラーメンは塩や醤油が選べます。黒い麺が特徴。

こちらは炭ギョーザ。巨大なギョーザで、味はもちろん見た目も迫力!

その後、県道93号線、141号線、そして、299号線と進みます。ほとんど休憩なしの道祖神的ツーリングで、ひたすら走ります。ビーナスラインへ入り、白樺湖にて休憩。

時間が押していたため宿への到着時間が心配されましたが、気持ちのよい天気に、気持ちのよいルート。まだまだ走りましょう!ということで、美ヶ原を目指します。途中の霧ヶ峰富士見台展望台からは中央に富士山、右手に南アルプス、左手には八ヶ岳が広がり、最高のパノラマが広がりました。

美ヶ原を経由し、鹿教湯温泉へ。ここで全員集合となりました。夜は、山の幸を味わいながらの宴会。豪華景品?珍景品?が当たる恒例のビンゴゲームも大盛り上がり。その夜は2次会、そして3次会と、お酒を楽しんだのでした。

道祖神ツーリングクラブでは、10月13日~14日に秋の1泊2日ツーリングを開催。道祖神40周年を記念した懇親会ツーリングですので、皆様のご参加お待ちしております。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!

ニュージーランド クイーンズタウンとマウントクック 南島周遊 8日間 添乗レポート(後編)

11月18日発、ニュージーランド クイーンズタウンとマウントクック 南島周遊 8日間 添乗レポート後編です。

前編でアップを忘れましたが、クイーンズタウンからワナカへ抜けるクラウンレンジのワインディングもなかなか走りがいがあります。この近辺では映画ロード・オブ・ザ・リングの撮影も行われました。

リンディス峠を抜け、オマラマでランチの後…雲ひとつない空のもと、見事にマウント・クックが見えました! プカキ湖畔に続く爽快なルートを走ります!!

ビジターセンターまでの道は最高の一言!巨大な氷河も見えてきます。

ビジターセンターまで走り、しばしフリータイム。バイクで周辺を走るもよし、のんびりするのもよし。ご希望を募って、フッカーバレーのトレッキングにも行ってきました。

マウント・クックをバックに。

ニュージーランドは星空がきれいなことでも有名です。宿泊地のトワイツェルは小さい町で光害が少なく、星空観賞のポイントです。しかし、夏のニュージーランドは日が暮れるのが遅く、真っ暗になるのは夜中…ということで、まだほのかに明るいですが23時頃の夜空。右下に南十字星が見えます。

そしてツーリング最終日。本日も見事にマウント・クックが見えました!

プカキ湖畔の展望台にて。

テカポ湖畔の善き羊飼いの教会にて。

その後も牧歌的な風景が続く中、クライストチャーチまで最後のツーリングを満喫しました!

初夏のニュージーランドはなんといっても花がきれいなシーズンです。群生するルピナスがとても印象的でした。

クライストチャーチへの帰路、休憩ポイントでジェットボートのツアーが…時間も余裕があったので、皆さんトライ。

クライストチャーチ最終日はフリータイム。カンタベリー博物館やエア・フォース・ミュージアムなど、各自楽しみました。

好天が続いた今回のニュージーランド・ツーリング。これから真夏を迎え、4月終わり頃までがシーズンとなります。12/28発は催行決定、2月、3月も募集中です。

最後に、ご参加いただきました皆さん、ありがとうございました!!

ニュージーランド クイーンズタウンとマウントクック 南島周遊 8日間 添乗レポート(前編)

ニュージーランド クイーンズタウンとマウントクック 南島周遊 8日間 添乗レポート(前編)

11月18日発、ニュージーランド クイーンズタウンとマウントクック南島周遊8日間の添乗レポートです。これから夏を迎えるニュージーランドにツーリングシーズン到来です!

まずはホテルで朝食ですが、朝からこの大ボリューム。たっぷり食べてツーリングに備えます!

クライストチャーチでバイクをレンタルし、まずは1号線を南下。初日は曇りが続き、15度前後とやや涼しいです。

休憩後、ここからフリー走行に。町を抜ければ1号線沿いにはのどかな牧場が広がります。

オアマルストーンと呼ばれる石灰岩が有名なオアマルの歴史地区で一休み。ここはブルーペンギンを見られる町でも有名。先へと進みます。

終日ツーリングを楽しみ、ダニーデンへ。スコットランド人が入植した町で、市内には重厚な建物が今も残ります。こちらはダニーデン駅。

時間があったので、世界で最も急な坂としてギネスにものっているボールドウィンストリートへ。なかなかの急坂へトライ!

翌朝は雨が降っていましたが、走り出すころには路面はドライに。今回は、皆さんとにかく走りたい!という方が多く、ルートをアレンジしサウザン・シーニックルートを走りました。交通量が少なく、快適なワインディングが続きます。

サウザン・シーニックルート。

そして、1号線の終点でもあるブラフへ。青い空に黄色の看板が映えます。トーキョーやロンドンなど、世界の大都市が並ぶ中に……クマガヤが。

ここでランチタイム。シーフードチャウダーはとても美味でした。

その後、北上。本日の宿泊地、クイーンズタウンへ向かいます。綺麗なワカティプ湖へ。

湖畔沿いに続くワインディングもとても気持ちのよいルート。

翌日クイーンズタウンからクラウンレンジのワインディングを楽しみ、のどかなワナカ湖へ。本日も天気は最高!マウント・クックに期待が持てます。

皆さんも気持ちよさそうに走り抜けていきます。

リンディスパスの高速ワインディングを駆け抜け、一行はハイライトのマウント・クックへと向かったのでした。

続く。

ニュージーランド クイーンズタウンとマウントクック 南島周遊 8日間 添乗レポート(後編)