カンボジア メコン川とアンコール・ワット オフロード 6日間 添乗レポート(後編)

奇跡の10連休となったGWの4/29~5/4で実施した、カンボジアンオフロードバイクツアー。ドロドロ・グチャグチャになって走ることが多いカンボジアですが、「暑季」と呼ばれるこの時期の大地はカラカラに乾き、ひたすら暑さとの戦いに。いざ、アンコール・ワットを目指して!

➡️5/1(月)三日目 コンポンチャム⇒コンポントム(約110km)

ツアーで皆さまが驚いていたのが、ホテルのレベルの高さ。4泊とも立派で快適な宿ばかりでした。

「てっきり飯盒で米炊いて、その辺の草むらでキャンプするのかと思ってました!」とイメージしていた方もいたので、さぞ意外だったことでしょう。おかげで毎晩しっかり疲労回復して頂けたと思います。

今日も8時からすでに暑い!でも、負けずに走ります!

赤土のとても気持ち良いフラットダートを一時間半ほど快走した後、メコン川沿いの超ナイスな雰囲気の「Wat Hanchey」にて休憩。寺院と美しい風景に、皆さんから大好評でした!

日陰でくつろぐ犬たち

本日のランチタイム@ローカルレストラン

女性参加者のうち1名が軽い熱中症で、着いた瞬間フラフラと地面に座り込むと、どこからともなく女性たちが現れて店の奥へと連れ去って行きます。何が始まるんだ!?と追いかけると、三人がかりで熱心なマッサージを受けていました。人々の優しさに感動です!

昼食後再び走り出して30分ほどすると、添乗員金本が乗るバイクの前方から「パチーン!!」という何やら無視できない音が。走りながらタイヤ付近を注視すると、ブレーキキャリパーがブラブラに。振動でボルトが折れたようです。道中のコーナーで予想以上に曲がれなくてヒヤッとした瞬間があったのですが、既にガタガタしていてブレーキが効かなかったんでしょう。すぐにメカニックに修復してもらいます。

修理を待つ間、道端の民家にお邪魔して休憩。ガイドのMr.タックがその辺からマンゴーを拾ってきておやつに。熟す前の青いマンゴーは果肉が固くて渋さがあり、若いリンゴのような味もして新鮮な体験でした。

その後も走って、休んでを繰り返して、、、

無事、本日の目的地コンポントムのホテルへ。恒例の着いた瞬間に乾杯!今日も暑い中一日お疲れ様でした〜!

➡️5/2(火)4日目 コンポントム⇒シェムリアップ(約205km)

ツーリング最終日。アンコールワットがあるシェムリアップを目指し、ラストラン。

今日もあっち〜!!わずかな日陰も見逃しません!

ブッダのすごさを説いている祈り場のような場所でも、休憩。

この後、あと半日というところで残念ながら1名が激しく転倒し、リタイアとなりました。道端にあった高床式住居の下の日陰を借りて、サポートカーの合流を待ちます。そこら中からギャラリーがやって来て、心配そうに我々を見守ってくれています。実は、ツアーで最も事故が多いのが最終日で、疲れと慣れから誘発されることが多いんです。皆様もどうかお気を付けください!

ケガ人をサポートカーに乗せて、リスタート。をして間も無く、1台がこんなに長〜い五寸釘を踏んでパンク。

すぐさまメカニックが対応。

ガソリンスタンドにて、ライダーを洗車!クールダウン!

ツアーとは関係ありませんが、道端で「アニキ アンコール スクール」という看板を見つけて思わずパチリ。フリースクールでした。

最後は混雑する町中の車やバイク、人々をかき分けるように進み、無事プノンペンのホテルにたどり着きました!添乗員金本も暑さで予想以上に消耗し、到着時のいい写真がなくてすいません。

➡️5/3(水)5日目 シェムリアップ→プノンペン→日本

この旅の終着点で誰もが知る世界遺産、アンコール・ワットへ。

あとは、写真でお楽しみください。

上:映画「地雷を踏んだらサヨウナラ」で浅野忠信が演じた戦場カメラマン、一ノ瀬泰造の遺体が発見された菩提樹の木。その下では人々がくつろぎ、安らかなる時間が流れていました。

続きまして、アンコール・トムのバイヨン寺院。

そして最後は、ガジュマル(別名:スポン)に侵食されて崩壊しているタ・プローム遺跡へ。ロケ地となった映画『トゥームレイダー』の主人公のポーズで記念写真。

夕方の飛行機でシェムリアップからプノンペンへ移動し、成田行きに乗り継いで、翌朝無事日本へと帰国しました。

ご参加してくださった皆様、本当にありがとうございました!

このツアーは移り行くカンボジアの景色や村々、そして人々とのふれあいで、一日走っていても全く飽きることがありません。

参加しないとわからない魅力がタップリの、6日間ながらも充実確実のツアーです!🇰🇭🏍️

今年度あと5回(いずれも下期になりますが10・11・2020年1・2・3月)も設定がありますので、今後のお申込みお待ちしております!!

https://www.biketour.jp/tour/00056-cambodia-offroad/