スペイン・ポルトガル アルガルベの岬とアンダルシア 10日間 添乗レポート 前編

 

6月19日発「スペイン・ポルトガル アルガルベの岬とアンダルシア10日間」の添乗レポートです。さすがに太陽の国とあって、全日程快晴の好天に恵まれ、スペイン・ポルトガルの道と食と観光をたっぷり味わってきました。まずは、前半のレポートです。

マドリッド到着後、まずは地下鉄で市内散策へ。ソル広場やマヨール広場、王宮などを巡ります。

DSC_1140

街の至る所にパフォーマーがいます。こちらはお腹の出たスパイダーマン?

DSC_1147

こちらはモトクロッサー?

DSC_1148

さて、翌日はバイクを受け取りツーリング開始です。

DSC_1151

マドリッド市内は交通量が多いですが、少し走ればこのようにデカイ景色が広がります。

DSC_1158

そして、初日の見どころコンスエグラへ。風車が絵になります。周りに広がる麦畑の景色もよい眺め。

DSC_1162

DSC_1180

こんな田舎道も少し走りました。

DSC_1240

その後、ワインディングをフリー走行で楽しみました。アンダルシア地方へと入り、白い壁が美しい小さな村が点々と現れます。

DSC_1258

快晴は良いのですが、それにしても暑い!38℃くらいでしょうか。たっぷりの水と休憩中のアイスクリームが欠かせません。

DSC_1261

そしてコルドバへ。狭い路地が入り組む旧市街を歩き、メスキータなどを訪問。夜はバルでタパスを頂きました。

DSC_1273

翌日は、コルドバを出てアルモドバル・リオのお城へ。小高い丘の上にあるお城からの眺めは最高です。

DSC_1284

お城から見た町の景色。

DSC_1294

スペインといえば、広大なヒマワリ畑も見どころとなりますが、今年は猛暑のため、例年より見頃が早く、どこも既に頭を垂れた状態でしたが、運よくきれいなヒマワリ畑にも出会えました。

DSC_1330

この日はちょっとルートをアレンジし、ワインディングで小さな町を走り繋ぎました。

DSC_1346

セビリア到着後、カテドラルやアルカサールを散策。夜はフラメンコ観賞と、充実の一日。

DSC_1360

迷路のように入り組む旧市街をブラブラ歩くのも楽しいです。

DSC_1379

この時期、日の入りは21時過ぎ。夕食の時間が遅い地元の皆さんはバルで一杯楽しんでいました。

DSC_1388

翌日もルートを少々アレンジ。田舎道を走りポルトガルへ入国。国境で記念写真。

DSC_1393

その後、グアディアナ川沿いにムーア人が築いたお城のあるメルトーラへ。対岸からの眺めは最高です。

DSC_1396

町には白壁のきれいな建物が続きます。教会もこのとおり。イスラムの影響も受けている為、主祭壇はメッカの方角を向いているそうです。

DSC_1411

その後、爽快なワインディングを走り繋ぎました。このあたりでは、コウノトリの巣をよく見かけました。

DSC_1426

本日の宿泊地、アルブフェイラには早めに到着。フリータイムにはビーチやプールで泳いだりとリラックスタイム。

DSC_1433

そして夕食はポルトガルといえばのイワシ。塩焼きのイワシはシンプルで実に美味。おすすめです。

DSC_1462

翌日はリスボン、そして、ユーラシア最西端へ。後半へ続く。