パプアニューギニア アサロ・マッドマンとアドベンチャー・ツーリング 8日間

ツアー概要

パプアニューギニア・ハイランド地方の村々を訪ね、多彩でカラフルな文化にふれるオン&オフツーリング

豊かな自然と文化が残るパプアニューギニア。中央部ハイランド地方のゴロカをスタートし、オン&オフロードで山岳エリアのツーリングを楽しみながら、特色ある村々を訪ねます。村では人懐こい人々との交流はもちろん、シンシンと呼ばれる民俗舞踊もご覧いただけるでしょう。アサロ渓谷では世界的に有名なマッドマン・ダンスを観賞したり、伝統料理のムームーもお楽しみいただけます。天候次第では悪路?と化すパプアニューギニアのアドベンチャーツーリングと人々の文化・生活にどっぷり浸ります。

ルートマップ

ツアーの見どころ

日程表

  • 飛行機
  • バイク
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目
東京(経由便 約9時間 PX)
夜、東京を出発。ポートモレスビーへ向かいます。
機内泊


2日目
ポートモレスビー(乗継)(約1時間)ゴロカ
到着後、入国審査。国内線に乗り継ぎゴロカへ。午後は、市場など市内観光をお楽しみください。
ゴロカ泊


3日目
ゴロカウビグビ 約100km
バイク手続き後、ツーリングスタート。山間に延びるダートを走り、ゴロカ周辺の村々に立ち寄りながらツーリングを楽しみます。人懐っこい村人との出会いも。
ウビグビ泊


4日目
ウビグビキオビ 約80km
朝食後、ローカルルートでキオビへ。爽やかな高原ですが、日中は日差しが照り付けると暑いです。水分補給はしっかりと。
キオビ泊


5日目
キオビケメセ 約80km
本日もローカルルートでケメセへ。バイクが一般的ではないパプアニューギニアでは、どこに行ってもバイクは大歓迎を受けるでしょう。
ケメセ泊


6日目
ケメセチュアベ 約80km
ローカルルートでチュアベへ。村ではシンプルなゲストハウスに泊まります。お湯はありますのでバケツシャワーとなります。夜は冷えますので、寝袋が必要です。
チュアベ泊


7日目
チュアベアサロゴロカ 100km
朝食後、アサロ渓谷へ。泥のマスクで有名なマッドマン・ダンスや伝統料理ムームーを楽しみます。その後、ゴロカへ戻ります。
ゴロカ泊


8日目
ゴロカ(約1時間)ポートモレスビー(乗継)(経由便 約9時間 PX)東京
朝食後、空港へ。午前、モートモレスビーへ。到着後、飛行機を乗り継ぎ東京へ。夜、東京着。税関を抜けて解散。


※利用航空会社により、乗り継ぎ地が変更になります。

ご旅行代金

出発地 出発日 料金
東京 2020年8月8日(土) 628,000円
東京 2020年10月10日(土) 558,000円
東京 2020年12月26日(土) 628,000円

※上記ツアー代金の他に、燃油特別付加料0円空港税19,000円が別途必要です。(2020年1月15日現在)

催行情報

出発日 状況
2020年8月8日発
  • 6名様募集中
  • 添乗員付
2020年10月10日発
  • 6名様募集中
  • 添乗員付
2020年12月26日発
  • 6名様募集中
  • 添乗員付

ツアー条件

訪問国(地域) パプアニューギニア
オンロード/オフロード オフロード
コース難易度
中級者向けのコースです ⇒ 目安
総走行距離 約540㎞
使用予定バイク ヤマハ AG200
最少催行人数 6名様
添乗員 日本より同行します
食事 朝食6回/昼食6回/夕食6回(機内食除く)
利用予定航空会社 ニューギニア航空(PX)、キャセイパシフィック航空(CX)、香港航空(HX)など
利用予定宿泊施設 ゲストハウスクラス
一人部屋追加料金 50,000円
ビザ 必要です。現地空港にて取得
レンタルバイク
保証金
無し。破損があった場合、実費請求
バイク保険 無し
ガソリン代 含まれます
有料道路代
駐車場代
含まれます
リードライダー 同行します
サポートカー 同行します
荷物 ソフトバッグでご参加ください
オプション
その他
一部オフロードコースの為、道路状況や参加者の技量によりルートを変える場合があります。走行距離は目安としてお考えください

ツアーレポート

このツアーのレポートは掲載されていません。他のツアーのレポートは、ブログからご覧ください。

お問い合わせ

株式会社道祖神(どうそしん)東京本社

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-4 KUビル7階
営業時間 9:30~18:30(日曜祝日休業)
※土曜日は交代出社のため、担当スタッフが不在の場合があります。

  • 03-6431-8198
  • 03-6431-8663