モンゴル ゴビ砂漠 デザートライディング 6日間

ツアー概要

世界で4番目に大きなゴビ砂漠、その中にあるモンゴル一の砂丘を訪ねて

ゴビ砂漠入り口の町ダランザダガドからスタート。夏でも雪渓が残るヨリーンアム渓谷(鷲の谷の意味)を通り、恐竜の化石の発掘場所として世界的に有名なバヤンザグに泊まります。遊牧民の家(ゲル)も訪ねつつ、モンゴルを代表する景勝地のホンゴル砂丘へ。本格的なデザート・ライドに挑戦でき、難しければ草原に戻ることも容易です。変化に富んだ圧倒的な大自然を走り、快適なキャンプが楽しめるモンゴルは、日本から一番近いオフロードパラダイス!

ルートマップ

ツアーの見どころ

日程表

  • 飛行機
  • バイク
  • 自動車
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目
東京(直行便 約5.5時間 OM)ウランバートル
午前、東京を出発。ウランバートルへ向かいます。到着後、入国審査。到着ロビーにて現地係員がお出迎えし、ホテルへ。
ウランバートル泊


2日目
ウランバートル(直行便 約1.5時間)ダランザダガドバヤンザグ 約160km(ダート120km)
早朝にダランザダガドへ飛び、バイクでワイルドなゴビ砂漠の中へ。「鷲の谷」ヨリーンアム渓谷に立ち寄り、恐竜の化石で有名なバヤンザグへ。ツーリスト・キャンプのゲルに泊まります。
バヤンザグ泊


3日目
バヤンザグホンゴル砂丘 ダート約160km
ホンゴル砂丘を目指し、グルバンサイハン国立公園の中へ。大自然が織りなす長さ80kmにも渡る美しい砂丘を鑑賞・走行し、砂漠の夜空に浮かぶ無数の星や月明かりの下で、この日もキャンプ。
ホンゴル砂丘泊


4日目
ホンゴル砂丘ヨリーンアム渓谷 約200km(ダート160km)
地平線から昇る朝日で目覚めたら、東を目指します。走行最終日もゴビのオフロードを堪能し、ヨリーンアム渓谷のキャンプ地に到着。夕食は地元のご馳走をお楽しみください。
ヨリーンアム渓谷泊


5日目
ヨリーンアム渓谷ダランザダガド(直行便 約1.5時間)ウランバートル
車で40kmほど走り、ダランザダガドから飛行機でウランバートルへ。観光やショッピングを楽しんだ後は、伝統音楽を鑑賞します。夕食はBBQレストランにてさよならパーティー。
ウランバートル泊


6日目
ウランバートル(直行便 約4.5時間 OM)東京
早朝、空港へ。飛行機で東京へ向かいます。午後、東京に到着。税関を抜けて解散。


※利用航空会社により、乗り継ぎ地が変更になります。なお、大韓航空ご利用の場合は、5日目の深夜ウランバートル発、6日目に帰国となります。

ご旅行代金

出発地 出発日 料金
東京 2019年9月11日(水) 423,000円
東京 2019年9月23日(月) 418,000円

※上記ツアー代金の他に、燃油特別付加料3,000円空港税5,000円が別途必要です。(2019年2月1日現在)

催行情報

出発日 状況
2019年9月11日発
  • 3名様募集中
2019年9月23日発
  • 4名様募集中

ツアー条件

訪問国(地域) モンゴル
オンロード/オフロード オフロード
コース難易度
中級者向けのコースです ⇒ 目安
総走行距離 約520km
使用予定バイク ヤマハ セロー250など(お申し込み順で車種をお選び頂きます)
最少催行人数 4名様
添乗員 同行しません
現地にて日本語係員が同行
食事 朝食4回/昼食4回/夕食5回(機内食除く)
利用予定航空会社 モンゴル航空(OM)、大韓航空(KE)、中国国際航空(CA)など
利用予定宿泊施設 プーマ・インペリアルホテルまたは同等クラス(ウランバートル)、他はツーリスト・キャンプ又はテント泊
一人部屋追加料金 9,000円(ウランバートルのみ)
ビザ 不要です
レンタルバイク
保証金
無し。破損があった場合、実費請求
バイク保険 無し
ガソリン代 含まれます
有料道路代
駐車場代
含まれません
リードライダー 同行します
サポートカー 同行します
荷物 ソフトバッグでご参加ください
オプション
その他
オフロードコースのため、道路状況や参加者の技量によりルートを変える場合があります。走行距離は目安としてお考えください

ツアーレポート

このツアーのレポートは掲載されていません。他のツアーのレポートは、ブログからご覧ください。

お問い合わせ

株式会社道祖神(どうそしん)東京本社

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-4 KUビル7階
営業時間 9:30~18:30(日曜祝日休業)
※土曜日は交代出社のため、担当スタッフが不在の場合があります。

  • 03-6431-8198
  • 03-6431-8663