インド 天空への道 レー・ラダックツーリング 8日間

ツアー概要

インド北部にある海抜5,359mの峠、カルドゥン・ラを越えるツーリング

かつてはインドと中央アジアを結ぶシルクロードの中継地点でラダック王国の首都だったレーからツーリングはスタートします。インド製ロイヤルエンフィールドに跨り、標高5,320mのチャン・ラ、神秘の湖パンゴン・ツォ、「世界の果て」と呼ばれる緑の園ヌブラ渓谷を訪れ、標高5,359mのカルドゥン・ラを越えてレーに戻った後、内部の壁画が有名なアルチゴンパを訪れます。チベット仏教が根強く残るラダック地方の独特な文化を感じ大自然の景観を楽しむツアーです。

ルートマップ

ツアーの見どころ

日程表

  • 飛行機
  • バイク
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目
東京(直行便 約9時間 AI)デリー
午前、東京を出発。インドの首都デリーへ向かいます。 到着後、入国審査。車でホテルへ。
デリー泊


2日目
デリー(約1.5時間)レー
早朝、国内線でレーへ向かいます。到着後、ホテルへ。バイクの手続きなどを済ませた後は、自由行動。高地順応のためゆっくりとお過ごしください。
レー泊


3日目
レーパンゴン・ツォ 約160km
朝食後、レーから南下してラダック最大の僧院ヘミス・ゴンパを経由して、標高5,320mの峠チャン・ラを越え、チャンタン高原にある神秘の湖パンゴン・ツォを目指します。
パンゴン・ツォ泊


4日目
パンゴン・ツォヌブラ渓谷 約180km
今日はアドベンチャーな1日となります。ショヨク川を越えるため朝早い出発となります。80kmほど砂利のオフロードを走ります。その後、緑の園を意味するヌブラに到着。
ヌブラ渓谷泊


5日目
ヌブラ渓谷レー 約160km
カルサルやデスキットの村を抜け、標高5,359mの峠カルドゥン・ラを越えていきます。今日のルートはシルクロード時代のレーから中国のカシュガルに抜けるメインルートです。
レー泊


6日目
レーアルチレー 約140km
シーク教の創始者グル・ナーナクの記念に建てられた寺院を訪問。その後、レーから60kmほど離れたアルチにてゴンパの見学。内部の壁画は壮観です。見学後レーへ戻ります。
レー泊


7日目
レー(約1.5時間)デリー(乗継)(直行便 約8時間 AI)
午前の飛行機でデリーへ。到着後、デリー市内観光(フマユーン廟、インド門、クトゥブミナールなど)。夕、空港へ。飛行機で東京へ向かいます。
機内泊


8日目
東京
午前、東京に到着。税関を抜けて解散。


※利用航空会社により、乗り継ぎ地が変更になります。

ご旅行代金

出発地 出発日 料金
東京 2018年7月21日(土) 489,000円
東京 2018年8月25日(土) 478,000円

※上記ツアー代金の他に、燃油特別付加料18,000円空港税11,000円が別途必要です。(2018年1月25日現在)

催行情報

出発日 状況
2018年7月21日発
  • 6名様募集中
  • 添乗員付
2018年8月25日発
  • 6名様募集中
  • 添乗員付

ツアー条件

訪問国(地域) インド
オンロード/オフロード オンロード
コース難易度
中級者向けのコースです ⇒ 目安
総走行距離 約640km
使用予定バイク ロイヤルエンフィールド
最少催行人数 6名様
添乗員 日本より同行します
食事 朝食6回/昼食6回/夕食5回(機内食除く)
利用予定航空会社 エアー・インディア(AI)、大韓航空(KE)、タイ航空(TG)など
利用予定宿泊施設 パンゴン・ツォとヌブラ渓谷ではキャンプ泊。デリーとレーはゲストハウスクラス
一人部屋追加料金 30,000円
ビザ 必要です
レンタルバイク
保証金
無し。破損があった場合、実費請求
バイク保険 無し
ガソリン代 含まれません
有料道路代
駐車場代
含まれません
リードライダー 同行しません
サポートカー 同行します
荷物 ソフトバッグでご参加ください
オプション
その他
基本的にオンロードコースですが、一部オフロード区間を走行する場合があります。また、道路状況によりルートを変える場合があります

ツアーレポート

このツアーのレポートは掲載されていません。他のツアーのレポートは、ブログからご覧ください。

お問い合わせ

株式会社道祖神(どうそしん)東京本社

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-4 KUビル7階
営業時間 9:30~18:30(日曜祝日休業)
※土曜日は交代出社のため、担当スタッフが不在の場合があります。

  • 03-6431-8198
  • 03-6431-8663