中国四川省 神秘の泉 黄龍と四姑娘山への旅 9日間

ツアー概要

澄みきった空気の中、高原の草原地帯を走り、世界遺産黄龍と四姑娘山を訪れます

まずは成都で中国臨時免許証の手続き。翌日、バイクを受け取り、ツーリングスタート。美しい高原風景を眺めながら北上し、世界遺産の黄龍を訪れます。その後、チベット文化圏の東端に位置するギャロン・チベット地域へ。伝統的な石造りの民家が立ち並ぶ馬爾康へ。さらに、標高5,000m級の峰が連なる四姑娘山へ向かいます。標高4,000m 以上の峠も越える過酷なツーリングですが、その先には桃源郷のような美しい山岳風景が待っているでしょう。各地の少数民族との出会いも期待できる9日間です。

ルートマップ

ツアーの見どころ

日程表

  • 飛行機
  • バイク
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目
東京(直行便 約5.5時間 CA)成都
午前、東京を出発。成都へ向かいます。 到着後、ホテルへ。
成都泊


2日目
成都滞在
朝食後、中国バイク臨時免許手続き。時間が余ればパンダに会いにいけるかも!
成都泊


3日目
成都汶川県 約140km
バイクを受け取り、ツーリングスタート。成都の混沌を抜け、北上します。アバ・チベット族、チャン族自治州に属する汶川県へ向かいます。
汶川県泊


4日目
汶川県茂県黄龍 約230km
高原地帯をツーリング。エメラルドグリーンの湖沼が龍のように横たわる黄龍へ向かいます。神秘的な世界遺産の泉、黄龍を見学。標高は3,800m付近まで上がります。
黄龍泊


5日目
黄龍若爾蓋 約190km
本日も高原風景の中をツーリング。大草原のチベット人街、若爾蓋へ向かいます。
若爾蓋泊


6日目
若爾蓋紅原県馬爾康 約330km
高原の草原風景を眺めながら、馬爾康へ向かいます。町に近づくにつれ、石造りで白い窓枠の伝統家屋・民家が多くなり、見張り台として建てられた塔も見られます。
馬爾康泊


7日目
馬爾康夢筆山峠四姑娘山 約190km
標高4,200mの夢筆山峠を越え、東方のアルプスといわれ、5,000m級の山が連なる四姑娘山へ向かいます。美しい山岳風景をお楽しみください。
四姑娘山泊


8日目
四姑娘山臥龍成都 約220km
午前中は四姑娘山の双橋溝を観光します。午後はパンダの保護区として世界遺産に登録されている臥龍を経由し、成都へ向かいます。
成都泊


9日目
成都(直行便 約5.5時間 CA)東京
出発まで自由行動。午後の便で東京へ向かいます。夜、東京に到着。税関を抜けて解散。


※利用航空会社により、乗り継ぎ地が変更になります。

ご旅行代金

出発地 出発日 料金
東京 2018年9月16日(日) 598,000円
東京 2018年10月14日(日) 628,000円

※上記ツアー代金の他に、燃油特別付加料5,000円空港税5,000円が別途必要です。(2018年1月25日現在)

催行情報

出発日 状況
2018年9月16日発
  • 6名様募集中
  • 添乗員付
2018年10月14日発
  • 6名様募集中
  • 添乗員付

ツアー条件

訪問国(地域) 中国
オンロード/オフロード オンロード
コース難易度
中級者向けのコースです ⇒ 目安
総走行距離 約1,300km
使用予定バイク 豪達150cc など中国製(お申し込み順で車種をお選び頂きます)
最少催行人数 6名様
添乗員 日本より同行します
食事 朝食8回/昼食7回/夕食7回(機内食除く)
利用予定航空会社 中国国際航空(CA)など
利用予定宿泊施設 招待所クラス
一人部屋追加料金 40,000円(場所によってはお一人部屋手配ができない招待 所もあります)
ビザ 不要です
レンタルバイク
保証金
無し。破損があった場合、実費請求
バイク保険 無し
ガソリン代 含まれません
有料道路代
駐車場代
含まれません
リードライダー 同行しません
サポートカー 同行します
荷物 ソフトバッグでご参加ください
オプション
その他
全線オンロードコースですが、高地を移動するため参加者の体調や道路状況により宿泊地を変える場合があります

ツアーレポート

このツアーのレポートは掲載されていません。他のツアーのレポートは、ブログからご覧ください。

お問い合わせ

株式会社道祖神(どうそしん)東京本社

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-4 KUビル7階
営業時間 9:30~18:30(日曜祝日休業)
※土曜日は交代出社のため、担当スタッフが不在の場合があります。

  • 03-6431-8198
  • 03-6431-8663