ネパール 聖地ルンビニを訪ねて ヒマラヤ山麓の旅 8日間

ツアー概要

ブッダ生誕の地ルンビニを目指して、雄大なヒマラヤ山麓をのんびりツーリング

首都カトマンズ盆地の喧噪を抜け、真っ白に輝くヒマラヤを眺めながら峠道をのんびり走ります。チトワン国立公園ではエレファント・サファリを楽しみ、仏教4大聖地のひとつ、ルンビニへ向かいます。その後、古都タンセンを経由してアンナプルナ山群が望めるポカラへ。早朝、サランコットの丘へミニ・トレッキング。天気が良ければ朝焼けに染まるマチャプチャレが見えるでしょう。各地の小さな村では少数民族との出会いのチャンスもあります!変化に富んだ8日間の旅です。

ルートマップ

ツアーの見どころ

日程表

  • 飛行機
  • バイク
  • 朝食付き
  • 昼食付き
  • 夕食付き
  • 機内食
  • 食事なし
1日目
東京(直行便 約5時間 CX)香港(乗継)(約5時間)カトマンズ
午前、東京を出発。香港へ向かいます。 飛行機を乗り継ぎカトマンズへ。到着後、ホテルへ。
カトマンズ泊


2日目
カトマンズダマン峠チトワン 約170km
レンタルバイクの手続き後ツーリングスタート。カトマンズ盆地を出て、ヒマラヤが展望できる峠の村、ダマンへ。その後、チトワン国立公園へ。
チトワン泊


3日目
チトワンルンビニ 約150km
朝食後、エレファント・サファリをお楽しみください。午後はバイクにてひたすら西へ。ブッダ生誕の地として知られるルンビニを目指します。
ルンビニ泊


4日目
ルンビニタンセン 約90km
午前、ルンビニの市内観光。聖園や寺院地区などを見学します。その後、バイクに乗り、かつてのパルパ王国の首都タンセンを目指します。
タンセン泊


5日目
タンセンポカラ 約130km
峠を下り、フェワ湖畔の町、ポカラへ向かいます。天気が良ければアンナプルナ連峰が美しく見えるでしょう。到着後、ポカラの市内散策をお楽しみください。
ポカラ泊


6日目
ポカラカトマンズ 約200km
早朝、マチャプチャレ(6,993m)やアンナプルナ(8,091m)が見える丘へミニ・トレッキング。その後、国道を走りカトマンズへ戻ります。夜は民族舞踊を見ながらネパール料理の夕食をお楽しみください。
カトマンズ泊


7日目
カトマンズ(約4.5時間)
午前、カトマンズ市内観光。午後はフリータイムです。夕方、空港へ向かい、搭乗手続き。夜、香港へ向かいます。
機内泊


8日目
香港(乗継)(約4.5時間)東京
到着後、飛行機を乗り継ぎ東京へ。午後、東京に到着。税関を抜けて解散。


※利用航空会社により、乗り継ぎ地が変更になります。

ご旅行代金

出発地 出発日 料金
東京 2019年3月10日(日) 428,000円

※上記ツアー代金の他に、燃油特別付加料16,000円空港税11,000円が別途必要です。(2018年1月25日現在)

催行情報

出発日 状況
2019年3月10日発
  • 6名様募集中
  • 添乗員付

ツアー条件

訪問国(地域) ネパール
オンロード/オフロード オンロード
コース難易度
中級者向けのコースです ⇒ 目安
総走行距離 約740km
使用予定バイク バジャージ パルサー150など(お申し込み順で車種をお選び頂きます)
最少催行人数 6名様
添乗員 日本より同行します
食事 朝食6回/昼食6回/夕食5回(機内食除く)
利用予定航空会社 キャセイ・パシフィック航空(CX)、香港ドラゴン航空(KA)、マレーシア航空(MH)、中国南方航空(CZ)など
利用予定宿泊施設 ペンションクラス
一人部屋追加料金 50,000円
ビザ 必要です
レンタルバイク
保証金
無し。破損があった場合、実費請求
バイク保険 無し
ガソリン代 含まれます
有料道路代
駐車場代
含まれます
リードライダー 同行します
サポートカー 同行します
荷物 ソフトバッグでご参加ください
オプション
その他
基本的にオンロードコースですが、一部オフロード区間を走行する場合があります。また、道路状況によりルートを変える場合があります
お問い合わせ

株式会社道祖神(どうそしん)東京本社

〒141-0031 東京都品川区西五反田7-24-4 KUビル7階
営業時間 9:30~18:30(日曜祝日休業)
※土曜日は交代出社のため、担当スタッフが不在の場合があります。

  • 03-6431-8198
  • 03-6431-8663