道祖神スタッフと走る!秋の1泊2日ツーリング レポート

毎年恒例!道祖神スタッフと走る秋の1泊2日ツーリングが10月2日~3日に開催されました。簡単ですが関東組を中心にツーリングレポートです。

ちょうど緊急事態宣言などが解除となり、さらに台風一過で素晴らしい秋空に恵まれ、心も体も晴れやかにツーリングを楽しんだ2日間。今回は関東組、関西組の2グループに分かれ、富山県の五箇山をめざしました。

関東組集合場所の道の駅「風穴の里」は気持ちよく晴れ渡り、まさにツーリング日和。某イベントの開催と重なりたくさんのライダーが行ったり来たり。

昼に集合した一行は、岐阜~富山の山間に続くワインディングを走りながら、五箇山を目指します!

まずは、国道158号線、安房峠を走りました。前半はつづら折れのルートで駆け上がると長野と岐阜の県境からは、青空とのコントラストもあって周辺の山々の美しい景色が広がりました。まずはここで一息。

その後、平湯から国道471号を走り、今回のルートのメインイベント、酷道471号線へ。開かずの酷道とも呼ばれるこのルート、ラッキーなことに通過可能でした。しかし、そのルートはやはり酷道…狭い道幅に砂利、コケ、穴と酷道の名にふさわしい荒れ具合でした(必死の走りのため、写真は少ないです…)。

標識のよれよれ具合が溜まりません…。

岐阜と富山の県境にて。最も荒れた区間を走り切り、ガッツポーズです!

この後も細かなワインディングが続き、少々トラブルもありましたが、五箇山の世界遺産、相倉集落に到着。日は暮れていましたが、せっかくなので、しばし静かな合掌造り集落の散策を楽しみました。その後、宿泊先の五箇山荘へ。

道の駅「美濃にわか茶屋」からスタートした関西組は国道156号線を北上しながら、途中、白川郷の観光もたっぷり楽しみ、無事、五箇山荘へ到着。

夜は、引き続き感染対策をしつつ、飛騨牛と温泉、そして、2022年のツアー割引券など豪華?景品があたる大ビンゴ大会も楽しみました。久々に会ったツアー参加者同士、そして、初めてお会いした皆さんも、和気あいあいと久しぶりの宴を楽しんだのでした。

翌朝も見事に晴れ渡りました。家路につく方、引き続きツーリングを楽しむ方と、いつも通り三々五々に解散。最高の秋晴れと気持ちのよいツーリングルートで、楽しい2日間となりました。

次回は春の開催となります。また、ホームページやSNSで告知しますので、その頃には海外ツーリングができるようになることを祈りつつ、皆様のご参加お待ちしております。ありがとうございました。

次のイベントは、こちらも恒例のキャンプイベント、「海外ツーリングの宴」です。純粋にキャンプを楽しみ、焚火を囲みつつ、海外ツーリング話などで楽しみましょうという企画。こちらもご参加お待ちしております

⇒ご案内・お申し込みはこちらから。

山梨・長野・群馬・栃木・福島・茨城 関東をぐるりと一周 林道キャンプツーリング 5日間 添乗レポート

8月15日発「山梨・長野・群馬・栃木・福島・茨城 関東をぐるりと一周 林道キャンプツーリング 5日間」の添乗レポートです。
このツアーは道祖神バハツアーのリードライダーを務めていただいていますオフロード用品店 風魔プラス1世田谷店のバハナベこと渡辺さんと道祖神のコラボ企画。オフロードに精通する渡辺さんがリードライダーとして6県の林道をご案内、添乗員はサポートカーで同行しキャンプ道具一式を運びます。身軽に林道ツーリング&キャンプを楽しめる国内企画です。

今回は5名様にご参加いただきました!が、秋雨前線が停滞し前半は雨…交通規制もあり、ルート変更、キャンプ場変更をしつつ、安全第一でツアー1日目スタート!

 

韮崎をスタート、まずは手始めに短い林道から。林道を久しぶりに走る方もいらっしゃいましたので、ゆっくりペースでまずは肩慣らし。セロー、WR、オフロードタイヤに換装したVstrom、そして、GSでのご参加も!

 

林道を走って適度に休憩を挟みます。走ってきたルートの話題で盛り上がります。

 

晴れていれば最高でしたが、雨でもそれはそれで趣のあるひまわり畑に立ち寄ります。

 

ルート変更もあり予定していた食堂にはいけず。昼食は今回毎回お蕎麦だったような・・・美味しくいただきました。

 

1日目はルートが大きく短縮とはなりましたが、雨も降っていたので早目にキャンプ地へ。設営時と撤収時に降っていなければ御の字です。

 

近くの温泉を楽しんだ後はお楽しみの夕食です。渡辺さんと添乗員で、メニューにはこだわり?ぬきました。初日は、渡辺さんお得意のメキシカン!具材盛りだくさんのナチョス、タコスにホットドッグをいただきました。美味し~!

 

心配された天候、2日目は曇り。雨さえ降らなければOK。山梨から長野へと移動、きれいに整備された林道を快走!気持ちよさそう!

 

さらに北上し、今夜のキャンプ地、草津を目指します。

 

徐々に林道を走る感覚をつかみリラックスして林道を楽しみます。眺望がないのが残念!

 

高原に広がる壮観なキャベツ畑も霧の中…

 

この日はちょっとしたトラブルもあり、キャンプ地着が日が暮れてからとなってしまいましたが、草津の温泉を楽しみ、夕食もたっぷりいただきます。今宵は、風魔プラス1ツーリングでは定番のすき焼きです!おいしゅうございました。

 

ツーリング3日目。またしても雨にうたれる一日となってしまいましたが、なんとかキャンプ撤収。ツーリングスタートです。

 

雨でも皆さん元気いっぱいです!

 

軽やかに雨の林道を駆け抜けていきます。

 

さすがに連日雨の中のキャンプがしんどくなってきましたので、今宵はキャンプ場のコテージをお借りしました。さらに、キャンプ場には他のお客さんもおらず、我々だけで貸切となりました。好きなように使ってくださいという優しいオーナーさんのお言葉に甘え、濡れたテントやライディングウェアなどを盛大に乾かします。

 

火を眺めながら、ゆったり過ごす時間。

 

さて、キャンプ最後となる今夜のメニューは、インスタ映え間違いなしのビア缶チキンとハッセルバッグポテト、さらに夏野菜パスタです。
ビア缶チキンご開帳!熱々のチキン、練習?の甲斐あり、かな~り美味しく出来上がりました。

 

そして、ホクホクのハッセルバッグポテトも美味しい~。

 

尾瀬高原オートキャンプ場様、大変お世話になりました。広大な敷地、今度は晴れたときに宿泊したいところです。さて、4日目もスタートは雨…でしたが!

 

栃木県から福島県へと進むほど、徐々に雲間に青空が見られるようになりました。舗装林道でコマをすすめます。

 

湖畔の林道の状態はよし。前方に注意しつつ、軽やかに駆け抜けていきます。

 

緑が生い茂る夏らしい森の空気を味わいながら、ロングダートへ。楽しそ~!

 

福島県へ入ると急激に空は明るくなり、待ちに待った太陽の光が!

 

そして、今日もランチはお蕎麦です。おいしゅうございました。

 

路面はドライ、久々に太陽の光を浴びながら、皆さん気持ちよさそうにダートを駆け抜けていきます。

 

休憩がてら展望ポイントへ。すすき原にたくさんのトンボが飛び交い、幻想的な雰囲気。

 

緑豊かな東北の山々がとおくに広がります。

 

最高ですね、この景色。

 

時間が押せ押せとなってしましたので、モンゴリアビレッジテンゲルへ向かいます。最後の夜は、本場モンゴルから輸入したゲルに宿泊し、モンゴル気分を味わいます。モンゴルのツーリストゲル同様、快適に過ごせます。温泉もありますよ。

 

ディナーはBBQ!あっという間に平らげた後は、馬頭琴&ホーミーを鑑賞し、日本でのモンゴル滞在をたっぷりと楽しみました。

 

そして、いよいよ最終日となった5日目は快晴に恵まれ、大西洋に向かってラストラン!

 

北海道を思わせる牧草エリアを駆け抜け、太平洋を眺めてゴールとなりました!

 

ご参加いただいた皆様、悪天候もありましたが、林道ツーリングにキャンプ、温泉とお楽しみいただけたかと思います。ありがとうございました!
9月19日発も引き続き参加者募集中ですが、長く休みが取れないという方へ、2泊3日のショートバージョンも検討中です。林道もキャンプも慣れていないという方も、ぜひ!

ツアーのプロモーションムービーを作成しました。林道&キャンプツアーの魅力を少しでも感じていただけましたら幸いです。

道祖神スタッフと走る春の1泊2日ツーリング レポート

毎年恒例、道祖神スタッフと走る春の1泊2日ツーリングが5月15日(土)~16日に開催されました。簡単ですが、ツーリングレポートです。

今回のコンセプトは、なかなか海外旅行ができない今、日本にいながら少しでも海外気分を味わいましょう、というツーリング。道祖神のツアーで人気のモンゴルですが、モンゴルといえばゲル(移動式住居)に宿泊することが楽しみのひとつ。そんな本格的なゲルが栃木県那須のモンゴリアビレッジ テンゲルにあります。

佐野サービスエリアに集合の後、オンロード組とオフロード組に分かれ、一路、モンゴリアビレッジテンゲルを目指しました。

道祖神の旗が目印です。今回は皆さん気持ちが高まっていたのか、集合時間より随分早くぞくぞくと到着。

ブリーフィングの後、ツーリングスタート!

オンロード組は、栃木県の県道ワインディグから日光、川俣温泉、そして、もみじラインを走りつなぐルート。まずは、いろは坂と華厳の滝の眺めを楽しみます。

山王林道から川俣温泉へ。爽快な舗装林道です。

各自のペースでツーリングを楽しみます。

BMWやハーレー、スズキと車種は違えど、もちろん走りは最高です。

昼食は、ロール状の湯葉がたっぷりのうどんをいただきました。

オフロード組は、栃木県と福島県の林道を走りました。

綺麗な渓谷沿いのルート、新緑がたまらなく綺麗です。

リードライダーの道間違えでルートを誤った結果、道路が寸断されていました。折り返します。

ゆったり自然の中を走るのは、最高ですね!

福島へと移動します。ランチで立ち寄ったのはこちら。

名物?からし味噌塩ラーメン。普段食べるラーメンと異なる異次元の味は、癖になってしまいそう。ほんとうに美味しいので、近くへ行かれたらぜひ!おすすめです。

さらに南会津の林道を走ります。

フラットな林道を各自のペースで春を感じながら走りました。

大型バイクの皆さんもOKな林道をチョイス。

アドベンチャーモデルは、やっぱオフが似合いますね。

天気も意外によく、気持ちのよい林道ツーリングが続いたのでした。

後半、少々雨に当たりましたが、無事、モンゴリアビレッジ・テンゲルに到着。ゲルがずらっと並ぶ様は、まさにモンゴルにあるツーリストゲルそのままです。

ゲルのドアを開けると・・・

ゲルの中はモンゴルそのままです!さらに、とても広く快適。気分が盛り上がります。日本ですから、エアコン&冷蔵庫も完備。最高です。

露天風呂を楽しんだ後は、お待ちかねのBBQで盛り上がりました。

その後は恒例のビンゴ大会も大盛況。写真はありませんが、馬頭琴の演奏もありました。空は残念ながら曇り、きれいな星空は望めませんでしたが、日本にいながら楽しいモンゴル滞在となりました。

世の中、パっとしない状況が続きますが、皆さん感染対策ばっちりのもと、ご参加いただきましてありがとうございました!

次回は秋となります。関西方面の方もご参加いただけるよう、久しぶりに関西方面で企画を考えたいと思います。またのご参加、お待ちしております!!!

北海道 未知の世界へ!スノーバイクで雪上走行体験 4日間

雪の上をオフロードバイクで走る!? 冬しか乗れないスノーバイクにトライ!

オフロードバイクの前輪にソリを、後輪にキャタピラを装着させれば、雪の上を軽快に走るスノーバイクに大変身。道祖神初の雪上バイクツアーを、3/19(金)-22(日)で開催いたしました。

ニセコ有数のリゾートホテル「ヒルトンニセコビレッジ」に宿泊し、リッチな部屋・食事・温泉を堪能。まだまだたっぷり雪が残るルスツの広大なフィールドを舞台に、大自然の中のスノーライディングに挑戦です。

まずはベース基地にてブリーフィング。もしも迷子になったらその場を動かずに待っていることや、万が一雪崩が起きて巻き込まれてしまった際の捜索に使う位置発信装置「アバランチビーコン」の使い方など、雪山ならではの説明も受けます。

終了後、いよいよスノーバイクの乗り方レクチャーへ。バイクはYAMAHAの450モトクロッサー、KTMの450エンデュランサー、そしてGASGASの500まで車種は様々ですが、みな世界トップクラスのレースを走る戦闘力を備えた、とてもパワフルでハイシートの車両たちです。ですが雪の抵抗がバイクのパワーを中和してくれるのでこのぐらいのサイズでちょうど良く、またバイクと違ってマシンが自立してくれるので、足付きが悪くても乗り降りに困りません。

クラッチ付きのバイクと乗り方は基本一緒ですが、特徴としてはフロントブレーキはありません(タイヤではなくてソリのため)。ハンドルの右レバーを握るとリアブレーキが作動、つまりキャタピラが減速しスピードが落ちます。しかし雪の抵抗によってエンジンブレーキが強烈に効くので、余程の減速時でなければブレーキは使いません。

重量は約200kgほどあり、倒した場合雪の上で起こすのは大変なので、基本二人以上で起こした方が腰を痛めず無難です。

乗り方としては、まず走り始めはビビらずにしっかりとアクセルを開けた方がバイクが雪の上から浮上して安定し、スムーズに発進できます。また、自分の進路のちょっと先に木や他のバイクなどがあった場合、ぶつかったらまずいと普通はアクセル控え目に発進して低速でバイクの進路を変えようとなりがちですが、スノーバイクでは立ち上がりに低速で車体が沈んだままバイクの向きを変えるのは難しく、フラフラと不安定なので思い切って開けてから体重移動をした方が楽に避けられます。

曲がり方としては、オフロードバイクのようにリーンアウトでバイクを寝かせて、アクセルを開けてターンした方が曲がりやすいです。

平地を少し走って練習した後、いざ山へ向かって出発!!

ご覧の通り、初日は最高の天気!!

名物「羊蹄山(ようていざん)」(写真左)や洞爺湖がはっきり見える絶景に出会えました。

広い雪原では一人ずつ走行写真撮影。大自然の雪原フリーライドは想像以上の爽快感!

写真提供:「北海道スノーバイクエクスペリエンス」
写真提供:「北海道スノーバイクエクスペリエンス」
写真提供:「北海道スノーバイクエクスペリエンス」
写真提供:「北海道スノーバイクエクスペリエンス」
写真提供:「北海道スノーバイクエクスペリエンス」
写真提供:「北海道スノーバイクエクスペリエンス」
写真提供:「北海道スノーバイクエクスペリエンス」
写真提供:「北海道スノーバイクエクスペリエンス」
写真提供:「北海道スノーバイクエクスペリエンス」
写真提供:「北海道スノーバイクエクスペリエンス」
写真提供:「北海道スノーバイクエクスペリエンス」
写真提供:「北海道スノーバイクエクスペリエンス」
写真提供:「北海道スノーバイクエクスペリエンス」
写真提供:「北海道スノーバイクエクスペリエンス」

添乗員の金本も、原チャリ感満載のミニバイク(CRF110F Ripper)で必死に追走します笑

しかし、パワーの無いミニバイクでは登れずに埋まる場面もあり、、、

このようにダイナミックな景色の中を自在に走りながら、2日目は残念ながら天気が悪く短時間の走行となってしまいましたが、スノーバイクという未知なる乗り物に皆様ご満足いただけたようでした。

今回オフ初心者の方が多く、「難しい」とは言いつつもコケても痛くないしバイクも体もダメージが無いので、思いっきりはしゃいでおりました。オンロード派の人でもどなたでも、童心に返ったように楽しめますよ。これから冬の定番ツアーにしますので、よろしくお願いします!

目指せ 禄剛埼灯台!(ウラジオストクまで772キロ)能登半島一周ツーリング 1泊2日の旅

国内バイクツアーの第二弾は、美しい里山と海の絶景が広がる能登半島が舞台。来年に延期となったスペシャルツアー「ユーラシア大陸横断 55日間」に参加予定者を中心に、大陸横断のスタート地点であるウラジオストクまで772kmの標識が立つ禄剛埼(ろっこうざき)を目指して、能登半島を反時計回りにぐるりと周遊ツーリング。台風14号が日本列島に接近した10/10(土)−11(日)でしたが、参加者の方々の日頃の行いにより、日本海側は暑いぐらいの好天に恵まれました!

添乗員金本は前日に現地入りしましたが、台風の影響によって都内からの道中は強烈な雨と寒さとの戦いに。しかし、日本海側に出ると一転してドライな路面に変わり、美しいサンセットが待っていました!写真は北陸自動車道の親不知海岸付近にて。

富山県の氷見漁港場外市場ひみ番屋街に、台風に負けず各地から走ってきた11名の猛者が集結。ここから能登半島最北端を目指す旅がスタートです。

海岸線沿いを走ると、富山湾を挟んで立山連峰が。

気持ちの良い景色の中、交通量が少なくて走りやすい道を快走します。

40kmほど走り、和倉温泉の「湯ったりパーク足湯」でストップ。開放的な景色かつシブい雰囲気が最高の足湯施設で、ツーリングの小休止にはもってこいの場所なんです。

ブーツを脱いでリラックス。

あー気持ちよかった!

続いて能登島大橋を渡り能登島へと渡り、のどかな景色に溢れる島をぐるりと周りました。

西部に架かるツインブリッジのとを渡り、島から再び半島へと戻りました。

その後は昼間っからさっそく宴会スタート!、、ってのは冗談で、能登町のローカルな居酒屋さん「ゆきちゃん」でランチタイム。

北陸といえば海の幸!このボリュームで1000円のお刺身定食は最高に美味しかったです。

お店の目の前は漁港というロケーションなので、なるほど新鮮で安いはずです。ごちそうさまでした!

昼食後は一路旅館を目指します。道中で一台の調子が悪くなりましたが、なんとか走り切って全員で能登半島最北端の宿「禄光旅館」に到着です。

ここも目の前は漁港です。

玄関前はバイクでいっぱいに。今日は我々だけの貸切にしてくれたので、全員一人一部屋で贅沢に使わせていただきました!

その後、徒歩にて禄剛埼灯台を目指します。途中、能登半島最北端の道の駅「狼煙(のろし)」に立ち寄り。かっこいい名前!

灯台へはここから坂道を400mほど登ります。

自分の二本足=二気筒エンジンはバイクよりもちょっと遅めでしたが、みなさま坂道をパワフルに進みました笑

そして、この旅の一番の目的である禄剛埼に到着。

ウラジオストクまで772kmのサインボード!

来年こそ絶対にウラジオストクに行くぞー!!そしてユーラシア大陸を横断するぞー!!と、ツアーに参加しない方も含めて願いました。

とても綺麗な灯台で、この前でも記念に集合写真をパチリ。

その後旅館に戻り、お風呂に浸かって日中走った疲れを癒した後、親睦を深める宴会がスタート!

壁に飾られた大漁旗がたまりません!

海の幸が中心の豪華料理。海藻のしゃぶしゃぶなんて初めて食べました。

今回お世話になった「禄光旅館」さんはこじんまりとした民宿ですが、お掃除が行き届いていてピカピカの館内は清潔でとても居心地が良く、またスタッフの方々のおもてなしやサービスも最高で、また泊まりたいと思う素晴らしい宿でした。コロナ禍にも関わらず、今回各地から集まった我々を快く受け入れてくださり、心より感謝いたします。ありがとうございました!

翌日も天気に恵まれ、能登半島を折り返して北から西海岸を南下しました。

写真スポットのゴジラ岩。「どっちかというとミニラだよね」というツッコミも笑

奥能登はその海水から作る塩の名産地。珠洲の塩田村

ここで海水から塩を作ります。

70年間使われていた大きな鍋で、一度に100kgの塩を作れたそうです。

道の駅の中にあったポスターがナイスでした。

能登半島名物の輪島の朝市にも立ち寄りました。

地元色あふれる食べ物や工芸品の数々はとても魅力的で、皆さんいろいろと買っていらっしゃいました。印象的だったのは、とても小さな屋台でもGO TOトラベルキャンペーンの地域クーポン券が使えるお店があったことです。

その後は一路南下し、千里浜を目指します。途中、志賀町の世界一長いベンチに座りました笑

その長さ460.9メートル、終わりが見えないぐらい長〜い!

そしてこの旅のハイライト、日本で公道として走れる唯一の砂浜、千里浜なぎさドライブウェイへ。近年バイク乗り達の間で急速に人気が高まり、「一度は走りたい道」などのランキングで毎年上位に入る人気ロードです。かつて走ったことのある方も、今回初めて走るという方も、その絶景と特別感に心躍らせていました。

白くて乾いている砂はフカフカでタイヤが取られることが多いので、水気を多く含んで引き締まっている暗い色の砂の上が走りやすいです。また、柔らかい砂に乗ってバイクが不安定になった場合は、アクセルを閉じるより開けた方がバイクが安定したりと、滅多にできない砂場の走りが学べる貴重な場所でした。

皆さま思い思いにこの場所のライディングを楽しんでいらっしゃいました。

カッコいいですね!

最高ですね!

マシントラブルで途中離脱した方も、トランポして来た車にバイクを積んでカムバック笑!ここで無事再会を果たせました。

本来の終点は金沢の兼六園でしたが、皆ここで満足して行かなくてもいいということになり、解散しました。

古き良き日本の風景にたくさん出会える能登半島は、そのサイズといい一泊二日ツーリングにはもってこいの舞台で、見ごたえ・走りごたえ満載なので、ユーラシア横断ツアーに関係なく、今後も同内容のツアーを継続したいと思っています。

また、GO TOトラベルキャンペーンもやっている今こそ、おトクに国内ツーリングができるチャンスです。ツアー代金の割引はもちろん、地域共通クーポン券も使ってみるととっても嬉しい特典なので、その楽しさを皆さまにお届けすべく道祖神も国内旅行企画がんばっていきます。ご期待、ご参加よろしくお願いいたします!